先に結論を述べちゃうと、HTML5におけるstrongは重要性 (importance)を、emは強勢 (emphasis)を表す。強勢って何?ってのは後述しています。

かつてHTML 4.01の場合は単純にemが強調 (emphasis)、strongがより強い強調 (stronger emphasis)でした。

なおどちらもemphasisという単語を使っているんだけれど、この英単語自体が重要性を示す「強調」と、発声時の強弱の強を示す「強勢」と、両方の意味を持っています。HTML 4.01とHTML5では日本語訳を分けているのは、文脈から判断したものです。

重要性

こちらは重要なものである、という事を表します。普通です。ここ試験に出るぞーってやつですね。

  • 吾輩は「猫」である。

すると、きっと試験にこんな問題が出るわけです。

「この物語の語り手である「吾輩」は何者であるか。漢字一字で答えよ。」

強勢?

強調はわかるが強勢って何だ?という事で、大辞泉で引くとこんな。

強さアクセントで、強めの部分。ストレス。

口にする際に強調して発音するという事です。

仕様書の例も分かりやすいから見て頂きたいのだが、どこを強調して発音するかによって、文の意味合いが違ってきます。

強勢の例

二つの文を例示します。なお鉤括弧の部分を強勢とします。

  1. 「吾輩は」猫である。
  2. 吾輩は「猫」である。

前者の文では「吾輩は」を強調しています。つまり他の誰かは違うかもしれないが、この第一人称者について言えば、間違いなく猫であると。

一方後者の文で強調しているのは「猫」という点です。この場合はきっと「吾輩」を名乗る何者かが、一見人のように見えたり、あるいはサイボーグ化されているのかもしれないが、それでもなお「吾輩」は「猫」を自称するという意味合いです。

より強い強調

HTML5ではstrongを入れ子にする事で、より強い強調を表現するようになりました。

<strong>ここ大切です。</strong>
<strong><strong>こことても大切です。</strong></strong>

あんまりしないと思う。

おわり

てな感じかなーと思ってますがどうですかね。

ところで関係ないんだけど、HTML 4.01の時代は要素名が大文字だったのに、HTML5だと小文字なんだね。

参照