JavaScript おれおれ Advent Calendar 2011 – 17日目

.apply()で成り済ましができたり仕事をスルーして丸投げしたりする事ができますが、さらにもうひとつ、フックを行う事ができます。

フック(hook)というのはフック船長のフック、鉤爪の事で、処理を「ひっかける」ような事です。ある関数が実行される際に、独自のコードを実行させる事ができます。

フック(Hook)は、プログラム中の特定の箇所に、利用者が独自の処理を追加できるようにする仕組みである。また、フックを利用して独自の処理を追加することを「フックする」という。

あの処理がどこで呼ばれてるかわからないときに

具体例をひとつ。例えばjQueryで「どこかのタイミングで勝手にクラス名が追加されてしまって困っている」という場合を考えます。その場合は .addClass()を「フック」して、ログ出力の処理を追加します。

(さらに…)