※スマホ対応はしてません。

タグ: .fromCharCode()

やたー何語だか調べるやつできたよー!

カテゴリー: 拙作

思いつきで作りました。

仕組み

仕組みは、まあコードを見て頂ければお分かり頂けるかと思うんですが、こんな感じです。

  1. 入力文字のコードを得る。 (.charCodeAt())
  2. WikipediaのUnicodeのページのコード順分類一覧を元に名前を取得。(力技で。)
  3. ついでに前後のコードの文字を表示。 (.fromCharCode())

関連

Twitterで変な文字が出て来たら .charCodeAt()で文字コードを調べてみれ(JavaScript おれおれ Advent Calendar 2011 – 19日目)

カテゴリー: JavaScript, Web

JavaScript おれおれ Advent Calendar 2011 – 19日目

Twitterってちょくちょく見た事無いような文字、記号が流れてきますよね! なにそれ気になる!てな時にささっと覚えておくと幸せの予感がするのが、 .charCodeAt()と String.fromCharCode()です。

こんなつぶやきがあったとします。

あれ、なんか絵文字みたいなの☺がありますね。なにこれ気になる!

そんな時は文字コードを調べてみましょう。文字のコードはだいたい連続しているので、付近にも同じような感じの、面白い文字が隠れているに違いありません。

var code = "☺".charCodeAt(0);  // コード取得
var c = String.fromCharCode(code + 1);  // 隣のコードの文字を取得
console.log(c);  // => "☻"

あ、黒いのがいた! ☻ またcode + 1でなくcode - 2も近い感じの文字が出てきました。

というわけでforでざーっと探してみましょう。

var code = '☺'.charCodeAt(0) - 2;
var str = '';
for (var i = 0; i < 140; i++) {
  str += String.fromCharCode(code+i);
}
console.log(str);

わーいっぱい出て来たー。 ヽ(´∀`)ノ

ただ文字に対応していない環境ではゲタとか□とか?とかで表示されてしまったり、表示されても雰囲気がえらい違ったりする場合があります。使用する場合は相手の環境(OS、ブラウザー/クライアント)に十分留意しましょう。自分で印刷するのに使うなら気軽に使えそうですね。

というわけでえらく気を抜いた世俗的な感じの記事でした。またね。

関連?