※スマホ対応はしてません。

タグ: Linux

Linuxでcdの代わりにpushdを使うと作業効率がまじマッハ。

カテゴリー: サーバー

いや既にご存知でしたらそれで構わないんですが、私は知りませんで。こんな便利なコマンド、もっと早く知りたかったです。

# 現時点のカレントディレクトリを記憶して、次のディレクトリへ移動
pushd path/to/next/direcroty

# さっきpushdしたディレクトリへ戻る
popd

# pushdで記憶されているディレクトリを一覧表示
dirs

スタックなので、pushdでA→B→Cと移動してきたとき、一度目のpopdでBへ、もう一度popdするとAへ移動します。

何でもcdの代わりに使えば良いってわけじゃないんですが、でもなんか作業の途中でちょいと他のディレクトリに行って戻ってきたい、てな場面は結構あるかと思うんですが、そんなときに大変便利でございます。

あるよね。あるでしょ?

参考

bashのキー操作をちょっとおぼえるだけで、作業効率がもりもり上がると思いました。

カテゴリー: 開発環境

LinuxのCUIでコマンド入力するのは、一度シェルと呼ばれるプログラムが受け付けてからOSに渡し、また結果をOSから受け付けて画面に出力します。またそのシェルにも幾つか種類があり、Linux標準のシェルがbashです。

……とそのあたりはあまり明るくないんですが(間違ってたらごめんなさい)、要はあの黒い画面で使えるキーボード操作の便利なもの、をまとめてみました。だいたいEmacsのキーバインドと同じみたいです。

凡例

こういう書き方します。

  • ^XCtrlキーを押しながらXを押します。
  • Esc XEscキーを押して、離して、Xを押します。

操作

移動

  • Esc F … この単語へ
  • Esc B … 前の単語へ

(F=Forward, B=Backと覚えておくと良いと思います。)

これが一番便利。是非覚えていってください!

削除と貼付け

  • ^W … 単語を削除
  • Esc D … 先頭まで削除
  • ^K … 末尾まで削除
  • ^Y … 最後に範囲削除したものを、貼付け

便利

  • ^L … 画面をクリアー
  • ^C … 入力中のコマンドを破棄

他のキーの代わり

(「他のキーが代わり」と言った方が、歴史的に正しそうですが。)

  • ^F … ひとつ次の文字へ(←と同じ)
  • ^B … ひとつ前の文字へ(→と同じ)
  • ^E … 行末へ(Endと同じ)
  • ^A … 行頭へ(Homeと同じ)
  • ^D … 1文字削除(Deleteと同じ)
  • ^H … 前の1文字削除(BackSpaceと同じ)
  • ^P … コマンド入力履歴をひとつ戻る(↑と同じ)
  • ^N … コマンド入力履歴をひとつ進む(↓と同じ)

正直これはvimer以外は覚えなくても良いと思います。

参考

他にも繰り返しとかできるみたいです。