JavaScript おれおれ Advent Calendar 2011 – 5日目

1、2、3、ダー!!(←繰り上がりました)

世の中には基数というものがありまして、数値は9の次が10になる10進数だけでなく、7の次が10になる8進数、9の次がAで、B、C、D、E、Fときてようやくその次に10になる16進数、かと思えば1の次がいきなり10になる2進数と、様々に表現されます。

それを相互に変換する仕組みを考えます。

流れ

まず数値(number型の値)はあくまで「数値」であり、その表現方法たる基数とは無縁です。(何進数で言い表しても、目の前のりんごの数は変わらないでしょ?)

だので、当然の事ですが、任意の基数で表現する場合は文字列(string型の値)とします。基数を変換する場合は一度基数を捨てて数値としてから、それを目的の基数で表現しなおす、というようにします。

まとめると、こういう流れです。

  1. n進法で表現された数値の文字列を数値にする。
  2. 数値をm進法で表現した文字列にする。

    (さらに…)