概要

テキストの入力値変更を監視します。JavaScriptが提供するchangeイベントはフォーカスが外れたタイミングで発火しますが、jQuery.gpObserveTextを使うとリアルタイムでtextchangeイベントが発火するようになります。

ダウンロード

基本的な使い方

テキストエリアに対して.gpObserveText()を実行すると監視を開始します。その後textchangeイベントを拾ってください。

$(elem)
    .gpObserveText()
    .bind("textchange", listener);

デモ

デモ1 : 基本的なもの

Demo 1

  • テキストエリアに入力中の文字数を表示します。
  • 値はリアルタイムで更新されます。

リファレンス

.gpObserveText([listener])

監視を開始する。

  • listener … {Function} イベントリスナー(別項参照)。別途 .bind()しても同様。

.gpObserveText("destroy")

監視を終了する。リスナーは破棄されない。

  • "destroy" … {String} コマンド。

.gpObserveText("set", param)

textchangeを発火させずに値を変更する。

  • "set" … {String} コマンド。
  • param … {String} 設定する値。

listener(event, lastValue)

textchangeイベント発火時に呼ばれるリスナー。 .bind()等で登録する。

  • event … {jQuery.Event} カスタムイベント。
  • lastValue … {String} 変更前の入力値。なお現在の入力値は$(this).val()で得る。

jQuery.fn.gpObserveText.settings

共通の設定。

  • interval … {Number} 監視の間隔。単位はミリ秒。初期値=100。

その他

textchangeイベント

jQueryのカスタムイベントです。

setTimeout()を用いて入力値を監視し、変更があった際に発火します。changeイベントと異なりリアルタイムで発火します。

JavaScriptから値を変更した際にも発火します。発火させずに値を変更する場合は、 .gpObserveText("set", value)を使用して下さい。

ライセンス

  • MIT License
    • 無償で利用できます。商用利用も可能です。
    • 転載や改造、再配布が可能です。
    • コード内に記載の著作権表示は変更できません。
    • どのような問題が発生しても、一切の保証はありません。

利用時に連絡は不要ですが、もしご連絡頂ければ、利用実績として掲載させて頂くかもしれません。

対応ブラウザー

  • IE 6以上
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari
  • Opera

リポジトリ

更新履歴

2011/10/24 – 1.0
  • 公開