JavaScript おれおれ Advent Calendar 2011 – 4日目

<input />の入力値は文字列なので、数値として扱うには変換してやる必要がありますね。そんなときには組み込み関数であるparseInt()が便利です。

var numText = document.getElementById('num').value;
var num = parseInt(numText);
console.log(num);

これで数字にしてくれます。

ところがこのコード、意図しない動作をする場合があります。

var num = parseInt("010");
console.log(num);

上記のコードのとき、何が出力されるでしょうか?

実は10にはなりません。8になります。parseInt()は基数変換の機能があるからです。

(基数て何?という方はググれば色々と解説がみつかります。中学校の数学の教科書にも乗っていたはず。)

JavaScriptの決まり事として"0"で始まる数値は8進数、というものがあります。ちなみに”0x"で始まるものは16進数です。(JavaScript以外の言語でもだいたいそうです。)

console.log(010);  // => 8
console.log(0x10);  // => 16

それをparseInt()も踏襲していて、自動的に基数を変換してくれるわけです。余計なお世話とは言ってあげないで!

第2引数で基数を指定する事ができます。

var num = parseInt("010", 10);
console.log(num);

これで安心。

以上、parseInt()を使う場合は(特に意図した場合を除き)必ず第2引数を指定するようにした方が良いというお話でした。