めもめも。

Debian使ってます。他のディストリビューションはaptitudeとwww-dataあたりを適宜読み替えてください。

MySQLをインストール

aptitude install mysql-server php5-mysql

WordPressをインストール

ダウンロード

wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.2.1-ja.tar.gz

インストール

tar zxf wordpress-3.2.1-ja.tar.gz
mv wordpress /var/www/
chown -R www-data:www-data /var/www/wordpress

DBを準備

WordPressにアクセス

  • http://192.168.56.101/wordpress/

ここからウィザード形式っぽい感じで進む。

ファイルが見つかりません。インストールを開始するには wp-config.php ファイルが必要です。お困りでしたら「wp-config.php の編集」 を参照してください。ウィザード形式で wp-config.php ファイルを作成することもできますが、すべてのサーバーにおいて正常に動作するわけではありません。最も安全な方法は手動でファイルを作成することです。

「設定ファイルを作成する」ボタンを押して進める。

WordPress へようこそ。あらかじめデータベースに関する若干の情報を用意してください。との事なので、次へ。

ここでMySQLに設置するDBの情報を決定する。例えばこんな感じで。

データベース名 wpdb
ユーザー名 wpuser
パスワード wppasswd
データベースのホスト名 localhost
テーブル接頭辞 wp_

任意のものに変更したら、「作成する」を押さずに、先にMySQLの作業を。

DBとユーザーを作成

mysql -p
create database wpdb;
grant all on wpdb.* to wpuser identified by 'wppasswd';

テーブルを作成させる

ブラウザーのWordpressの画面に戻って、「作成する」ボタンを押すと確認画面になります。

この部分のインストールは無事完了しました。WordPress は現在データベースと通信できる状態にあります。準備ができているなら…

「インストール実行」でPHPからDBにアクセスして必要なテーブルを作成してくれます。

開始

サイトのタイトル等を適当に決めてログイン。

で、おしまい。