すみません、三日目と勘違いしてました……。

今回はtransform:scale()とzoomの併用についてです。バグじゃないです。

デモ:

ChromeとIE 10+で、なんか二段階に大きくなったりしました。FirefoxとIE 8-は大丈夫。IE 9は変だけど気付かないかも。

拡大したかったんです。そして古いIEにも対応したかった。(拡大の基準点がずれるのは今回どうでもいいや。)

両方書いておけば「最近のはtransform、古いIEはzoomで良い感じに動く」かなーと思ったんですが、だめでした。zoomが実装されっぱなし。

で、結局どうしたかというと、JSで判定して分岐しました。

// transform:scale()が使えない環境で、zoomで代用するためのフラグ
var s = document.body.style;
var transformable = ('transform' in s || '-webkit-transform' in s);
if (!transformable) {
    document.body.className += ' is-untransformable';
}
.box {
    -webkit-transform: scale(1.2);
    transform: scale(1.2);
}
body.is-untransformable .box {
    zoom: 1.2;
}

ちょっと面倒くさいね。

というお話でした。バグの話じゃなくてすみません。