LINDORのAdvent Calendar(本物)の23日目を開けたところ。
配列とかおれおれAdvent Calendar2018 – 23日目

配列界最強のメソッドです。(?)

まじ便利というか万能なので、ぜひご利用頂きたい。

ちょっとわかりづらいんだけど、こんな↓感じです。

const arr = [11, 22, 33];

const obj = arr.reduce((acc, value, index) => {
  acc[`number${index}`] = value;
  return acc;
}, {});
console.log(obj);
// { number0: 11, number1: 22, number2: 33 }

与えたコールバック関数の次に第2引数がある点に注目。

インターフェイスと使い方

result = arr.reduce(callback[, initialValue])
// callback = (accumulator, currentValue[, currentIndex, array]) => accumulator;

引数

コールバック関数と初期値の2つです。

第2引数の初期値に、例えばここに空のオブジェクトを与えたりします。

第1引数のコールバック関数が最初に受け取る第1引数は、その初期値になります。その値を操作して return すると、2回目以降のコールバック呼び出しの第1引数にはその return した値が与えられます。

戻り値

順に繰り返し、コールバック関数が最後に return した値が、 reduce() 全体の戻り値になります。

初期値をそのまま返してみる例

initial がコールバック関数の第1引数 acc として与えられて、毎回それを return するので以降も同じインスタンスを受け取り、最終的に結果もそれになります。

const arr = [11, 22, 33];

const initial = {};
const result = arr.reduce((acc, _, index) => {
  console.log(index, acc === initial);
  return acc;
}, initial);
console.log('result', result === initial);
// 0 true
// 1 true
// 2 true
// result true

初回だけ初期値を受け取ってみる例

return 時に新しいインスタンスを生成してみます。2回目はそれを受け取るので false 、また新しいインスタンスになって3回目も同じく false です。

const arr = [11, 22, 33];

const initial = {};
const result = arr.reduce((acc, _, index) => {
  console.log(index, acc === initial);
  return { ...acc };
}, initial);
console.log('result', result === initial);
// 0 true
// 1 false
// 2 false
// result false

数値を増やしてみる例

繰り返しながら操作する対象はオブジェクトに限らず、このように数値でも可能です。

const arr = [11, 22, 33];

const result = arr.reduce((acc, _, index) => {
  console.log(index, acc);
  return acc + 1;
}, 100);
console.log('result', result);
// 0 100
// 1 101
// 2 102
// result 103

初期値を省略した例

省略すると配列の最初の要素が与えられます。またコールバック関数はその次の要素から呼ばれます。

この例↓だと最初 arr[0] の 11 がコールバック関数で処理されず、最初から acc へ与えられます。

const arr = [11, 22, 33];

const result = arr.reduce((acc, value, index) => {
  console.log(index, acc, value);
  return value;
});
console.log('result', result);
// 1 11 22
// 2 22 33
// result 33

例

合計

const arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

const sum = arr.reduce((acc, value) => acc + value);
console.log(sum); // => 55

最大値

Math.max(...arr) でやれるやつ。

const arr = [94, 39, 63, 87, 52, 3, 10, 95, 5];

const max = arr.reduce((acc, value) => (acc > value ? acc : value));
console.log(max); // => 95

マップ

map() 代わり。

const arr = [11, 22, 33];

const result = arr.reduce((acc, value, index) => {
  acc[index] = 1000 + value;
  return acc;
}, []);
console.log(result);
// [ 1011, 1022, 1033 ]

フィルター

filter() 代わり。

const arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

const result = arr.reduce((acc, value) => {
  if (value % 3 === 0) {
    acc.push(value);
  }
  return acc;
}, []);
console.log(result);
// [ 3, 6, 9 ]

平坦化

flat() の代わり。

const arr = [
  11,
  [22, 33],
  44,
  [55, 66, 77],
];

const result = arr.reduce((acc, value) => acc.concat(value), []);
console.log(result);
// [ 11, 22, 33, 44, 55, 66, 77 ]

検索

find() 代わり。

const arr = [
  { id: '101', name: 'Alice' },
  { id: '102', name: 'Bob' },
  { id: '103', name: 'Charlie' },
];

const result = arr.reduce((acc, value) => {
  if (acc) {
    return acc;
  }

  if (value.id === '102') {
    return value;
  }

  return undefined;
}, undefined);
console.log(result);
// { id: '102', name: 'Bob' }

同じようにして some() 代替も作れる。

繰り返し

forEach() 代わり。

const arr = [11, 22, 33];

arr.reduce((_, value, index) => {
  console.log(index, value);
}, undefined);
// 0 11
// 1 22
// 2 33

初期値を省略すると最初の要素が呼ばれない点に注意。

IDでインデックス

識別子を含むオブジェクトの配列から、その識別子でアクセスできるオブジェクトを作成します。

const arr = [
  { id: '101', name: 'Alice' },
  { id: '102', name: 'Bob' },
  { id: '103', name: 'Charlie' },
];

const map = arr.reduce((acc, record) => {
  acc[record.id] = record;
  return acc;
}, {});
console.log(map);
// { '101': { id: '101', name: 'Alice' },
//   '102': { id: '102', name: 'Bob' },
//   '103': { id: '103', name: 'Charlie' } }

オブジェクトを複製

{ ...obj } や Object.assign() の代わり。

const obj = {
  foo: 123,
  bar: {
    hoge: 234,
    fuga: {
      message: 'Yay!',
    },
  },
};

const obj2 = Object.entries(obj).reduce((acc, [key, value]) => {
  acc[key] = value;
  return acc;
}, {});
console.log(obj2);
// { foo: 123, bar: { hoge: 234, fuga: { message: 'Yay!' } } }

reduce() より Object.entries() の方が良い仕事してる気もする。

深いコピーでオブジェクトを複製

const obj = {
  foo: 123,
  bar: {
    hoge: 234,
    fuga: {
      message: 'Yay!',
    },
  },
};

const deepCopy = (obj) => Object.entries(obj).reduce((acc, [key, value]) => {
  if (typeof value === 'object') {
    acc[key] = deepCopy(value);
  } else {
    acc[key] = value;
  }
  return acc;
}, {});

// 浅いコピー
const obj2 = { ...obj };
console.log(obj2);
// { foo: 123, bar: { hoge: 234, fuga: { message: 'Yay!' } } }
console.log(obj2.bar === obj.bar);
// true

// 深いコピー
const obj3 = deepCopy(obj);
console.log(obj3);
// { foo: 123, bar: { hoge: 234, fuga: { message: 'Yay!' } } }
console.log(obj3.bar === obj.bar);
// false

出現要素数を数える

何でもいいいんだけど、試しにHTML要素の要素名で。

const els = [...document.querySelectorAll('*')];
const counts = els.reduce((acc, el) => {
  const name = el.tagName.toLocaleLowerCase();
  if (!acc[name]) {
    acc[name] = 0;
  }
  acc[name] += 1;
  return acc;
}, {});
console.log(counts);
// Object { html: 1, head: 1, meta: 23, script: 12, title: 6, link: 32, body: 1, ul: 20, li: 186, a: 223, … }

クラス名とかにしてもおもしろそう。

細かいところ

仕様書の説明

珍しく仕様書にある説明が長いので、ちょっと見てみましょう。

Note 1

callbackfn should be a function that takes four arguments. reduce calls the callback, as a function, once for each element after the first element present in the array, in ascending order.

callbackfn is called with four arguments: the previousValue (value from the previous call to callbackfn), the currentValue (value of the current element), the currentIndex, and the object being traversed. The first time that callback is called, the previousValue and currentValue can be one of two values. If an initialValue was supplied in the call to reduce, then previousValue will be equal to initialValue and currentValue will be equal to the first value in the array. If no initialValue was supplied, then previousValue will be equal to the first value in the array and currentValue will be equal to the second. It is a TypeError if the array contains no elements and initialValue is not provided.

reduce does not directly mutate the object on which it is called but the object may be mutated by the calls to callbackfn.

The range of elements processed by reduce is set before the first call to callbackfn. Elements that are appended to the array after the call to reduce begins will not be visited by callbackfn. If existing elements of the array are changed, their value as passed to callbackfn will be the value at the time reduce visits them; elements that are deleted after the call to reduce begins and before being visited are not visited.

ノート 1

callbackfn は4つの引数を取る関数になるだろう (should) 。 reduce はこのコールバックを、関数として、配列に現れる最初の要素以降の各要素ごとに、昇順で呼ぶ。

callbackfn は以下の4の引数とともに呼ばれる: previousValue (前回の callbackfn 呼び出しで得られる値)、 currentValue (現在の要素の値)、 currentIndex 、横断中のオブジェクト。最初にコールバック関数が呼ばれたとき、 previousValue と currentValue は以下のいずれかになる。 reduce に initialValue が与えられた場合、 previousValue は initialValue に等しくなり、 currentValue は配列の最初の値と等しくなる。 initialValue が与えられなかった場合、 previousValue は配列の最初の値と等しくなり、 currentValue は2番目と等しくなる。配列がひとつも要素を持たず、かつ initialValue も与えられなかった場合、 TypeError になる。

reduce は呼ばれたオブジェクトを直接変化させないが、そのオブジェクトは callbackfn 呼び出しによって変化されてもよい (may) 。

reduce に処理される要素の範囲は最初の callbackfn 呼び出しの前に設定される。最初の reduce 呼び出しが開始した後に配列へ追加された要素は、 callbackfn から参照されることはない。配列の既存の要素が変更された場合、 callbackfn へ与えられる値は reduce がそれらを参照した時点での値になる。また、 reduce 呼び出しが始まった後、参照より前に削除された要素は、参照されない。

(訳注: 関数が配列要素を visit することを「参照」としました。)

うっ日本語読みづら。

空の配列でエラー

配列の要素ひとつ以上あるいは初期値を与えないとエラーに。

[].reduce(() => {});
// TypeError: Reduce of empty array with no initial value

途中で追加された要素は呼ばれない

const arr = [11, 22, 33];
arr.reduce((_, value, index, original) => {
  if (index === 0) {
    original.push(99);
  }
  console.log(index, value);
}, 0);
// 0 11
// 1 22
// 2 33

console.log(arr);
// [ 11, 22, 33, 99 ]

途中で変更された要素は変更後の値が利用される

const arr = [11, 22, 33];
arr.reduce((_, value, index, original) => {
  if (index === 0) {
    original[1] = 99;
  }
  console.log(index, value);
}, 0);
// 0 11
// 1 99
// 2 33

途中で削除された要素は呼ばれない

const arr = [11, 22, 33];
arr.reduce((_, value, index, original) => {
  if (index === 0) {
    delete original[1];
  }
  console.log(index, value);
}, 0);
// 0 11
// 2 33

途中じゃなくても、削除されて空き枠になっていれば飛ばされます。

空き枠は飛ばされる

まず空き枠、プロパティとして存在しない要素はコールバックで呼ばれません。これは他の繰り返し系配列メソッドと同様。

加えて、初期値を省略した場合に得られる値も、空き枠を飛ばした最初の要素が呼ばれます。

const arr = [, 22, 33,, 55];

arr.reduce((acc, value, index) => {
  console.log(acc, value, index);
  return acc;
});
// 22 33 2
// 22 55 4

初回コールバック関数呼び出し時の第1引数 acc は普通 arr[0] になるんだけど、それが存在しないので、代わりに最初に出現する arr[1] の 22 になります。第2引数 value はもちろんその次 33 。

また 33 の次、 arr[3] もないので、それを飛ばして2回目のコールバック関数呼び出しは arr[4] の 55 が value に与えられます。

途中で終了できない

例外投げるとかは別だけど、 for の break みたいな機能はないです。

  1. Repeat, while k < len

(存在しないものを飛ばしながら)単に繰り返すだけ。

その他

逆に回す reduceRight()

てのもあります。

おしまい

ややこしいやつだけど、大変便利なのでおぼえておくと何かと役に立ちます。

ちょっと読みづらいのが難点。

参考