Gitの小ネタおれおれAdvent Calendar 2022 – 02 日目

Git の設定はコマンドラインからは git config からやるんですが、これらの設定はファイルとして保存されます。

ファイルの場所

リポジトリー単位の設定であればそのリポジトリーの .git/config に、--global を付けた共通設定はホームディレクトリーの ~/.gitconfig に保存されます。

$ ls .git/config
$ ls ~/.gitconfig

リモート(サーバー)やブランチの設定はローカルに、動作を定める設定はグローバルに置くのがだいたいかと思います。

中身は人間でも読めるテキストファイルです。git config コマンドの代わりにテキストを直接編集しても良いですね。ファイルをバックアップしても良いですね。

$XDG_CONFIG_HOME と ~/.config/

環境次第では ~/.gitconfig の代わりに ~/.config/git/config とかそういうのが利用される場合もあるみたい。利用したことないです。

ファイルの中身

例えばこんな感じです。ini ファイルみたいな?

[user]
name = Ginpei
email = [email protected]

[user] が section で name や email が name、= の右側が value です。

公開されているものを探す

GitHub にも dotfiles というリポジトリーを用意して他の設定ファイル(だいたいがドット . から始まる)と共に公開しているのをよく見かけます。おれもやってます。

つよつよエンジニアの GitHub アカウントを見かけたら dotfiles リポジトリーを探してみると(.gitconfig 以外にも色々見られて)面白いかも。

設定できるもの

git config と同じです。無限にあるので無限に設定してください。

おしまい

更新履歴

  • 2022-12-03
    • $XDG_CONFIG_HOME について言い訳程度に追加
  • 2022-12-02
    • 公開